瑠夏の独り言

趣味の部屋

iPadカーナビ化計画(準備)

iPadをカーナビにしてしまおう!

 

こんにちは、僕はP12プリメーラという車に乗っています。この度iPadをカーナビ化してしまおうと思い、ついでに記事にしてみました。

f:id:hd-haruko:20180214191639j:plain

 

 

 

 

そもそもなぜカーナビを変える?

 僕の車はプリメーラという日産の車なんですが、ナビが凄く古いです。新しい道路は全く載っていませんし、「『コンビニを左折です。』って言われたのに、そこには民家しかない」や「『300m先右折です。』で右に曲がろうとしたら壁」なんてこともザラです。大人しくナビを買い換えたいのですが、この車のナビはちょっと特殊です。車にもともと埋め込まれています。外すの凄く面倒くさいんですよね。しかも純正のハンドルスイッチとか使えなくなるし…

 

 新しいナビを買って、ハンドルスイッチ使えるようにして…なんてやっているとあっという間に20万円を超えてしまいます。それならいっそ、家で余っているiPadを使って快適ドライブ生活を作り上げよう!というのが今回の目的です。iPadなら新しく購入しても4万円程度で買えますから、ナビを買うより安上がりですね!

 

 

 

理想形は…

 やるからには、綺麗に作り上げたいですよね。でも、お金はかけたくない。今回の目標をあげると、

 

お金はかけない(予算3万円)

・ナビは家にあるiPadを使う

・ナビ音声が車のスピーカーから聞けるようにする

・配線はなるべく目立たないようにする

 

です。お金をかけないのは一番重視してやっていこうと思います。あとは、配線が目立たないようにするのも意識してやります。配線が室内に張り巡らされている車を見かけますが、あんまりかっこよくないですよね…配線が足にかかるとイライラしますし、何より危険です。なので、配線は極力内装の内側に入れたいと思います。

 

 

 

具体的な構想

 さて、iPadをナビにする上で課題が3つあります。固定方法と接続方法と充電方法です。

 まずは固定についてです。プリメーラはセンターメーターなので、運転席正面がスカスカです。ここに固定することにします。iPadを車に付けておくと車上荒らしにあいそうなので、取り外しができる一般的なホルダーを採用します。ただ、酷いものだとiPhoneの重さすら支えきれずに落ちてしまいますからね。なるべく車にダメージは与えずに、ガッチリと固定できる方法を探さなくてはいけません。

f:id:hd-haruko:20180214191855j:plain

 

 次に接続方法ですが、① 有線接続 ② 無線接続の2パターン考えています。

無線接続の方が配線がスッキリするので有力です。ただ、ナビで使うことを考えると、音遅れはいただけません。とりあえず無線(Bluetooth)接続をして、音遅れが酷ければ有線にします。ついでに音楽もiPadから無線で流せるようになれば、一石二鳥ですね!(今はCDで音楽を聴いています。)

 

 

 最後に充電方法ですが、こちらも無線タイプ(Qi)を採用したいと思います。せっかく音声を無線で飛ばせるようにしたのに、充電ケーブルがあると邪魔ですからね。ケーブルがなければ取り外しも楽チンです。iPhone Xと8の発売で、Qi対応の車載ホルダーの選択肢も増えました。ただ、iPadはQiに対応していないのでレシーバーをつける必要があります。もし有線接続することになったら、充電も有線でいいかな…

 

 

最終的に必要なもの

 さて、ここまでの話を整理して必要そうなものをリストアップしてみます。

 

iPad(家にあるやつ)

・ナビアプリ(Googleマップ

・車載ホルダー(できればQi対応)

Bluetooth対応オーディオ

 

 ナビアプリは有料で高機能なものもありますが、渋滞情報も表示してくれますし、無料で使えるGoogleマップで十分でしょう。無線接続を実現する上で、Bluetooth対応のオーディオを導入しようと思いますが、これが一番高そうですね…。

 

 

まとめ

 さて、必要なものがだいぶ見えてきましたので、必要なものを購入して取り付けていきたいと思います。なかなか作業に入れなさそうですが、進み次第またこちらのブログでお知らせします!