瑠夏の独り言

趣味の部屋

【ぺんてる GRAPH GEAR 1000】レビュー

 実は、私はシャーペンなどの筆記具オタクなんです。最近は全く出かけられていないですし、シャーペンなどのレビューをどんどんやっていこうと思います。

 まず第一弾がこちら!!

 

GRAPH GEAR 1000 0.7mm (グラフギア 1000)

f:id:hd-haruko:20170911230139j:plain

メーカー : ぺんてる

型番   : PG1017

芯径   : 0.3 / 0.4 / 0.5 / 0.7 / 0.9 mm

価格   : 1000円+税

グラフギア1000|商品紹介|ぺんてる株式会社

 

 

普段使いに◎な製図用シャーペン 

 こちらは、いわゆる製図用シャーペンですね。長時間筆記にはあまり向かないと言われていますが、カッチリとした筆記感が製図用シャーペンの特徴であり魅力です。スーパーなどでも売られていたりするので、見たことがある人はかなり多いのではないでしょうか?

 では、こちらのシャーペンの特徴を紹介していきましょう!

 

f:id:hd-haruko:20170911230103j:plain

硬度表示窓は「H / HB / B / 2B / 空白」が用意されています。

重量など

 重量は21gでバランスポイントは先端から78㎜となっています。*1

 これは、シャーペン業界で圧倒的シェアを誇るクルトガの1.5倍以上の重さです。軽いのが好きな人にはちょっと重たく感じるかもしれません。それもそのはず、このシャーペンは一般的なプラスチック製でなく、外装にはアルミや真鍮など、金属部品が多用されているのです!そのため、手に持った時に少しひんやりとした感覚が味わえます。これは金属製シャーペンでしか味わえない感覚で、なんとも堪らないものです。

  重心は、真ん中よりちょい上ですね。後述の機構の関係で、かなりの高重心となっています。今流行りの低重心とは相反しますが、扱いにくいといった感覚はほぼありません。

f:id:hd-haruko:20170911230117j:plain

手の小さい私でも扱いやすいサイズ感

 

このシャーペンの目玉!先端収納機構!!!

 製図用シャーペンの売りの一つが、筆記時の視界の良さです。ペン先の方がグッと絞り込まれており、長い口金(先端の細いパイプ)のおかげで、書いている部分やその周りがよく見えるのがメリットです。 先端の細長いシャーペンを使ったことがある方はわかると思うんですが、結構折れるんですよね…筆箱の中で、先端がぐにゃっと。いくら書きやすくても、折れて使い物にならなくなっては意味がない。

 そこで、このグラフギア1000では、先端の部分を収納してしまえる機構がついているのです!!ワンノックで先端が突出、再びノックすれば芯が出てくる。クリップを開けば先端はボディに隠れ守られると。なんて素晴らしい!かく言う私も、何本の先端を曲げてきたことか…この機構には助けられます。

 こういうギミック付きにありがちな筆記時のガタガタ感も皆無と言って良いでしょう!

f:id:hd-haruko:20170913221116j:plain
f:id:hd-haruko:20170913221109j:plain
ウリの一つである先端収納機構


 

特徴的なグリップ部

 このシャーペンの、見た目上の特徴といえば…この特徴的なつぶつぶグリップでしょう!「製図用シャーペンのしっかり感はいいけど、硬すぎて疲れる…」とか「製図用なのにプニプニのグリップなんて…」と言う声を一気に解消した、ぺんてるお得意の特殊グリップです。真鍮(金属)製グリップに開けられた穴から、柔らかいつぶつぶラバーが飛び出している構造です。このおかげで、ラバーの疲れにくさと金属のしっかり感を両立することが出来ているのです!これは、同ぺんてるのGRAPH 1000 シリーズにも共通した特徴となっています。

 また、製図用シャーペンのグリップはローレット加工といって、ザラザラのヤスリのようにして滑り止め効果を得るのですが、このグリップなら、ラバーが滑り止め効果を発揮してくれるので、ほとんどザラザラしていません。(浅くローレット加工はされています。)実はこのローレット、あまりにもキツく加工されていると、手が痛いばかりか、筆箱にある別のシャーペンの表面をガリガリと削ってしまうのです。グラフギア1000なら、なにも考えずに筆箱に入れられるのも嬉しいポイントですね!

 

f:id:hd-haruko:20170911230127j:plain
f:id:hd-haruko:20170911230134j:plain
このつぶつぶがホールド感を約束してくれます。

価格やバリエーション

 芯の太さはなんと5種類用意されているのも製図用シャーペンならではですね!

「 0.3 / 0.4 / 0.5 / 0.7 / 0.9 ㎜ 」がラインナップされています。それぞれ

・黒・と、芯径ごとにラバーの色が変わります。

 いつも使っている太さで選ぶも良いし、色メインで選ぶもまた良いでしょう。ちなみに管理人は青のカラーが好きで、滅多に使わない0.7㎜のモデルを購入しました。

 メーカー希望小売価格は¥1,000+税 となっていますが、ネットではそれより安く販売されています。しかし、注意していただきたいのは送料です。たとえ500円で買えたとしても、送料が600円しては損をしてしまいますね。送料込でしっかりと選びましょう!また、このシャーペンは至る所で販売されていますので、実際に店舗で手に取ってみると良いでしょう!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ぺんてる】グラフギア1000 製図用シャープペン 0.3mm〜0.9mm pg101
価格:980円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)


こちらは送料のかからないお店となっております。

*1:当ブログ測定