瑠夏の独り言

車と音楽と日常を

筆記具は万年筆で決まり?!

さあ、突然ですが私は万年筆を愛用しています。

万年筆なんて使いづらそう…という方も多いかと思います。

そこで今回は万年筆の魅力をつぶやきたいと思います。

 

私が愛用しているのはドイツのPelikan社のスーベレーンというモデルです。

(ペンにもGermanyと書いてありますが、実は本社はスイスにあります笑)

緑色のシマシマのやつです。

f:id:hd-haruko:20160428150619j:plain

 黒い方はペン先が固く使いづらいのですが、小学生の頃に初めて買った万年筆のため常にペンケースにいます笑

 

 

さて、万年筆のどこがいいかと言いますと、まずは筆圧です。

普通ボールペンなどは先端のボールを押し付けてインクを出しますが(実際はちょっと違うけど、伝わりやすさ重視で…)、万年筆は違います。先端にある溝からインクが滲み出すような感じです。

そう、つまり万年筆は筆記の際に力が要らないのです!!

軽く紙に当てるだけでスラスラとかけてしまうため、長時間の筆記でも疲れにくいというメリットがあります。

 

さてもう一つは、万年筆の最大の特徴でもある書き味です。

最初は少し紙に引っかかるようなカリカリした書き味ですが、使い込むにつれて自分の書き方に沿った形へと先端が削れていき、気づくとぬるぬるサラサラ、なんとも言えない筆記感です。こればかりは言葉では伝えられない…是非一度体験して感じていただきたい!!

 

でも万年筆って高いんでしょ…って思いますよね?

まあ確かに高いです。私が普段使いしている小さなモデルでも3万円はしますから…

最初からそんな高いものを買って、自分に合わなかったら…と思うと手が出ませんよね笑

 

ここで私が紹介するのは、Pelikanの「ペリカーノ」です!

万年筆の入門モデルで高級感はありませんが、値段からは考えられないほどき持ちのいい書き味です。カートリッジ式なので面倒な手入れもありませんし、吸入式カートリッジを使えば万年筆らしいインク補充なども楽しむことができます。

使ってる人もあまり見かけず、隠れ家的な存在ですがここでこっそり紹介しちゃいます…!!(こんな駄文最後まで読んでる人ほとんどいないでしょうし…笑)

 

www.amazon.co.jp

こちらのリンクから見ることができます。半透明ボディにかきかた鉛筆のようなグリップで、見た目もポップですし初めてのかたでもボールペンのような気軽さで使うことができます。

 

使ってみたかた、いらっしゃいましたら感想くださいね( ´ ▽ ` )ノ

(左利き用と右利き用分かれているので買う際は注意してくださいね!)