瑠夏の独り言

趣味の部屋

趣味は仕事にするな!!

こんばんは、今日の独り言は「趣味と仕事」についてです。

 

趣味を仕事にする。 一見、理想的なようにも見えますが私は否定的です。

もちろん、それで成功して幸せな方もいらっしゃると思いますが、あくまで私の経験による偏見ですので…

 

私は、整備士を育成する学校へ通っていましたので、少し語りたいと思います。

そもそも私が整備士を目指したのは、父の影響でした。幼い頃からそばには車があり、それを自分で整備する父の背中がありました。そして私は当然のように車に惹かれ、整備士という道を選びました。学校に入ると、義務教育とは違い好きなことだけを学び続けられるそこは天国のような空間でした。この時は整備士を目指して本当に良かったと思っていました。

しかし、いざ働くとなるとどうでしょう?お金をもらって仕事をするわけですから、遊びではありません。そして車を整備することに対して、趣味と仕事の線引きが曖昧なことに気付いてしまったのです。ただでさえ仕事と遊びは違うのに、まして整備士といえば人の命を預かる仕事です。こんな心構えでいいのか?悩む日々を送りました。

 

そして次第にその意識は薄れ、仕事で整備をしていると考えると、今度はまた新しい壁に当たるのでした。

そう、好きで始めたはずの整備が、完全に「仕事」と線引きされてしまい、楽しんでやる事が出来なくなっていったのです。好きな事が、ただの仕事になってしまっているのが苦痛でした。

 

 

そんな私の経験から、趣味を仕事にするのはお勧めできないと言いたくなるのです。

 

しかし、やはり他の仕事というのも考えられず…

 

皆様のご意見お待ちしております。